滋賀・京都・大阪の建設業手続きは、根来行政書士事務所へ!

経審の業種と入札参加資格審査の業種の関係

経営事項審査の業種と入札参加資格審査の業種の関係

 各発注者は通常、経営事項審査の総合評定値に基づいて入札参加の希望工事種別ごとに算出される客観点数と、各発注者ごとに独自に定める主観点数を合計して、その点数に応じて等級を設けて入札参加できるランクを設けています。(ただし、ランク付けのない業種もあります。)

 ここで注意していただきたいことは、経営事項審査の総合評定値は建設業許可の27業種に分けて算出しますが、入札参加の希望工事種別は建設業許可の27業種と必ず一致しているとは限らないということです。

 最終目標である公共工事受注のためには、ここに戦略のポイントが一つあります。言い換えれば、受注を希望しようとする発注者の入札参加資格審査のあり方を常に意識して経営事項審査を受ける、また、建設業許可業種を検討するといった準備が大切ということになります。

 根来行政書士事務所には、滋賀県、滋賀県内の市町、京都府、京都市及び京都市以南の市町への入札参加資格審査申請の申請実績が多数あります。経営事項審査の段階から(正確に言えば許可取得の段階からですが。)各発注者の入札参加資格審査申請要綱を意識してアドバイスを行っていますので、ぜひ、ご相談ください。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional